捨て身欠伸カビゴン

生意気 267-130-116-x-145-31

捨て身 欠伸 リサイクル 地震


テンプレとされていた腕白HBベースのヘビボンワンウェポン個体を環境と自分の構築に合わせて使いやすくしようと考え、まず鋼を削るのに困る(特に残飯ガルド)ので地震を採用することにした。単純に地震ワンウェポンにすると浮いている身代わり持ちに吹き飛ばししか打てないなど気になることがあったので、地震と補完が取れて一貫が取りやすいノーマル技が候補に挙がった。QRで使いやすいというあまり褒められたものではない理由から捨て身を使い始めたが、これが非常に強かった。


・浮いている相手にステロと同じ〜少し強いくらいのダメージが入ることが多い

最終的にカビゴンの役割はエースの一貫を作ることだが、欠伸ループをだらだら続けると相手の積み技持ちに対してや、少し削ってZ技圏内に入れようとしてくる行動などに択が多く発生してしまう。欠伸ループの途中に捨て身や地震を挟むと相手の残数を簡単に減らすことができてかなりプランを立てやすくなった。


カビゴンのHPを調整してくる相手に強い

カビゴンの突破手段にHPをギリギリ半回復が発動しないところまで削って、高火力技を当てる動きがあるがそれに対して捨て身の反動で能動的に木の実を食べることができる。


QRにしておけばヘビボンワンウェポンだと思ってもらえる

これは副産物程度だが、QRにしておけば恩返しは採用できない→ノーマル技はないという考えをしてもらえることもある。



切る技としては悩む余地なく吹き飛ばし。身代わり持ちに対して少し後手に回るが、捨て身でも地震でも身代わりが割れない相手はテッカグヤくらいだと思った。

配分をHBベースから変更したのはミミッキュへの誤魔化しを捨てたのと特殊に投げる場面が多かったから。この辺はパーティによりけり。



他に冷凍パンチ、のしかかりなども採用の価値がある技なので欠伸カビゴンの技配分の組み合わせについてはこれからも探求していきたい。