テテフに後投げシリーズ

ミミッキュゲッコウガにぼちぼち投げられることからそこそこの需要があるドヒドイデだが、テテフやレボルト、デンジュモクなど対面したら即試合終了になりかねないポケモンがちらほらいる

しかし残念ながらテテフ 対策でググっても碌な記事が出てこない現状

そういうわけでとりあえず受け駒に限らずテテフに後投げから何かしらできるポケモンを色々試してみたのでメモ用に



メタグロス

超1/4倍 妖1/2倍 霊2倍

交代際にシャドーボールか自然の怒りをもらうパターン以外はある程度安定して後投げ可能  遂行技のアイアンヘッドと、フィールドタダ乗りで後続に負荷をかけられる思念は欲しくなる 突っ張られてもフィールド思念がかなり入る、テテフ側のリスクが大きいのでメタグロスのHPに余裕があれば交代読みはしやすい  回復ソースがないのでテテフ側の引き先にゴツメ持ちなどが用意されているとジリ貧になることもある


ギルガルド

超1/2倍 妖1/2倍 霊2倍

後出しだけならリスクはグロスと似たようなものだが、テテフが上から動けるのとガルド側の遂行技がシャドーボールなら耐えられる可能性もあるので眼鏡サイコキネシス3発でまとまったりして打ち負ける場合も フィールド補正の乗る超技が半減止まりで回復ソースは残飯に限られるのがまあまあ辛い 一貫性の高いZが自然に採用できたり、毒があったりでサイクルで不利になりにくいのは高評価


ヒードラン

超1/2倍 妖1/4倍 闘2倍 地4倍

後出しした後の遂行が遅い(最高打点がラスターカノン)ので怪しいがサイクル戦になりさえすれば強め 回復ソースは残飯 


テッカグヤ

超1/2倍 妖1/2倍 電2倍

上から2体と違いシャドーボールを気にせずに後出しできるが、テテフ側が炎や電気に引いた後のケアができるかが大きな課題 回復ソースに宿り木があり、テテフ対面で交代読みも兼ねて気軽に押せる 遂行技のヘビーボンバーは大体のテテフは落とせる(耐えるくらい硬いやつはCにあまり割けない) エアスラワンウェポンとかだとバレた時にやばいかも


ナットレイ

超1/2倍 妖1/2倍 炎4倍 闘2倍

気合玉とめざ炎が気になる以外は大体カグヤと同じで、ステロが撒けるのでサイクル戦にできるなら若干有利 遂行技のジャイロボールは大体落とせる


鋼は多分ここ5体が主(他は数値不足や汎用性)

基本的に回復ソースが残飯頼りなことが多く、ひたすらサイクルを回されると厳しくなるので先にテテフの裏を崩す必要がある


・悪タイプ

まとめて記述

超0倍 妖2倍 闘2倍(単タイプで考えた場合)

妖等倍がベトベトンA、ガオガエン 対面操作(蜻蛉帰り)があるまともなやつがバルジーナガオガエンゲッコウガサザンドラペルシアンAあたり ゲンガーとかと合わせてスカーフテテフをケアするために使うならまだしも、単体で後投げしてどうなるものでもないといったところ


クレセリア

超1/2倍 妖等倍 霊2倍

後投げしても倒すのはしんどいが、電磁波などで後続のサポートが可能 挑発に無力になるので、お気に入りは凍える風と異常技の両立


・ラッキー、ハピナス

超等倍 妖等倍 闘2倍

サイコショックがやばい


ポリゴン2

超等倍 妖等倍 闘2倍

殴るならシャドーボールか恩返し、サポートなら電磁波など 少なくともこいつだけには任せたくないが、こいつ+メタグロスギルガルドで交代読みのシャドーボールは打ちづらくなる(自然の怒りは一貫)


カプ・ブルル

超等倍 妖等倍

他とは別枠 フィールドを消して後投げするというオリジナル性能 回復ソースがフィールド、宿り木、ウッドホーンなど豊富 鋼とかだと隙を見せやすい霊獣ボルトロスにもヘドロウェーブがなければぼちぼち



あとは雑感

鋼なら回復ソースが限られているので有限サイクルになりがち、後手に回ると厳しいがドヒドイデを選出する前提だと(ここで冒頭のテーマに戻る)攻めづらいし毒とか搦め手でだらだらやることが多くなりそう 

悪は超無効ではあるがムーンフォースだけでもうしんどい トーチカドヒドイデとかなら合せられなくもないかも 受け出すだけでその後のサイクルを考えないならベトベトンA

それ以外は回復ソースはあるが受け出しや遂行が怪しいやつが多い



そもそも下から受けようとすると挑発、瞑想、Z、怒り、眼鏡とやりたい放題なポケモンなので有限サイクルの中でなんとかしたい

ドヒドイデとなんかの2体でテテフ+引き先のサイクルなんとかするのまあまあ無理があるので、例えばドヒドグロスグライみたいなドヒドイデ+鋼+補完(テテフには弱くはない)とかそういう並びで対応するのがまだマシな気はする


ドヒドイデの相方探しなのかよく分からない記事だけどまあメモってことでまとまりのなさはご愛嬌