7世代復帰勢が知り合いにそこそこいるから簡単なまとめ  正確さは保証しないしあくまで私見です  敬称略


新要素

Zワザミミッキュ、UB、カプ(フィールド)、混乱実(半回復実)


SM

S1

バンク解禁前でプールが狭い

ミミッキュが積みの障害になったので積みエースはミミッキュで止まらないものが主流(ギャラドスパルシェン)   突破手段が限られていた、テテフとミミッキュを一体で見ることができる枠だったのでテッカグヤ入りが多め  メタとしてジバコ  地面の一貫がカグヤ以外で切りづらかったのでスカガブも多め


並び単位では

ゲンガブカグヤ、ガルガブ、テテフパル、コケコギャラパルなど


S2

バンク解禁

テテフ+炎(リザバシャ)などスカーフテテフを通してイージーを狙う感じが多かったかも  混乱実を持ったランドロス(マゴランド)入りでコケコランドグロスやステロ+欠伸リサイクルカビゴン、カバマンダガルドなどが登場  7世代のテンプレ受けループ(ラキドヒドグライムドーゲンガー追い打ち)の成立


並び単位では

カバリザコケコグロステテフミミッキュ(はくしゃく)、コケコランドグロス(hama)、カバマンダガルド(とろー)、ムドーカビゲン(シータ)、ラキドヒドグライムドーゲンガーベトン(たま)など



S3

コケコが強いので地面枠の開拓が進み羽休めグライが発掘され、受けループ以外でも採用されるようになる


単体では

スカーフコケコ(物理ベース)、羽休めグライなど   このシーズンかはかなり怪しいが呪い痛み分けミミッキュ


並び単位では

カバガルミミゲンアシレスイクン(ふゆの)、ゲンガブカグヤ(あーもんど)、ガルランドゲッコウガ(ゆかい)、ガルクレセグライ(じるぽけ)、グライドヒドカグヤ(ぐりーど)など



S4

グライオン全盛期  対面ガルミミガッサ、ミミッキュに弱くないギミック構築として剣舞バトンバシャギャラなど


並び単位では

ゲンガブカグヤ(あーもんど)、ガルミミガッサ(バンビー)、バシャギャラ(とっつぁん)、カバマンダウツロカグヤ(ぽん)、グライカビムドー(なごし)など



S5

受けサイクル全盛期?積みリレーとしてランドバシャカグヤ、ポリZなども登場


並び単位では

ポリ2グライバレルドランマンダゲンガー(バンビー)、シャンデラミミロップカビグライムドースカーフ(なごし)、ポリクチミミガッサなど



S6

SM最終シーズン

このシーズンはあまり情報とか追えてなかったので特に雑  眼鏡テテフ+HBランド+ゲンガーとか身代わりポリ2とかリフデンキZコケコとか


並び単位では

テテフランドゲンガー(じるぽけ)、カバマンダゲッコウガ(じるぽけ)、コケコランドグロス(のりピー)など



USM

新要素

ミミッキュZ、アーゴヨン、教え技


S7

ミミッキュZがフェアリーZより強いのでカバルドンポリゴン2が耐久ラインに困る  ゴーストZが減った(?)のもあって鋼でミミッキュをタイプ受けしようとする傾向が強くなり鋼2枚構築も増える(ナットドランなど)  アーゴヨンの悪巧みドラゴンZなどからサイクルの難化  アーゴヨンが入った並びとしてはアゴギャラが特に多い  地面は木の実ランドロスカバルドンが大多数  激流身代わりミズZゲッコウガの登場で数値受け<タイプ受け(水草)


並び単位では

カバマンダコケコガルドゲコ(ミロカロス)ツルギなど



S8〜

カバマンダコケコガルドゲコツルギの強烈なインパクトでスカーフカミツルギ、激流ゲッコウガが現時点でも流行っているように感じる  上位のボーマンダが身代わり舞羽恩返しばかりだったため鋼(グロスクチート)あたりでマンダに強い選出とする傾向  



ぽけっとふぁんくしょんの上位まとめと自分の記憶と感想だけで書いたのでおかしいところあったらごめんなさい。