シングル ウツロマンダ

カバルドン 腕白HBゴツメ

地震 氷の牙 欠伸 怠ける


ボーマンダ 臆病CSナイト

身代わり 羽休め ハイボ 放射


ウツロイド 臆病CSスカーフ

ジェム ヘド爆 サイキネ 結び


グライオン 慎重HD毒玉

毒 守る 羽休め 地震


ドヒドイデ 図太いHBヘドロ

毒菱 霧 再生 熱湯


エアームド 穏やかHD混乱実

毒 ステロ 羽休め 吹き飛ばし



検討枠

カバルドンの枠

5体ではガルーラ、メタグロスボーマンダあたりが厳しいため今の所カバルドンが適しているように見える  ギャラドスが気になるところ


ボーマンダの配分・構成

現行でも使いやすいが、耐久に振るかどうか


ウツロイドの技

毒技は威力差5と追加効果どちらを取るか

構築に毒が多く仕込まれているとはいえ爆弾の追加効果で拾った試合もある  サブウェポンはバシャーモやゲンガーに打つサイキネとカバラグあたりに打つ結びだが、テッカグヤへの処理が気になることもあって10万が欲しくなることもある  めざ炎はカミツルギに打てるがボーマンダ採用によって緩和されているのでそこまででもない


エアームドについて

HDの利点

オニゴーリ性能だけではなく、テッカグヤに安心して突っ張れるところ、ある程度のテテフ耐性(眼鏡サイキネが乱2、それと挑発持ちくらいにしか崩されない)など特殊耐久を伸ばす利点は意外と多い

毒の枠には最初は撒菱を採用していたが、毒があることで身代わりのないボーマンダウツロイドでワンパンし辛いテテフ、カバルドンポリゴン2などに打てて撒菱よりはまだ腐らないところを評価  カバルドンウツロイドが構築に居るが、技スペースや安定感からエアームド以外にステロは持たせなくていいと判断した



選出パターン

・ドヒドグライムドーから2体+ウツロイド

主にドヒドムドー、ミミッキュなどを起点に毒菱ステロを展開して相手がリザやレボルトで崩しにかかってきた時にウツロイドで抜きに行くことが多い


・ウツロマンダ+ドヒドグライムドーから1体

グライオンはドランやガルド、ドヒドイデミミッキュなど、エアームドはテテフなどを誤魔化したい時に選出する

受け切るのではなくクッション的に扱ってウツロマンダを低リスクで出すのが狙い



主にこの2パターンで、カバルドンの枠はまだ固まっていないので選出パターンにも記載していないが受け駒としての扱い

よっぽど余裕があれば受け駒3体での選出もできる、明らかに崩すルートがなさそうな相手にのみ可能



ムドーカビゲンベースを長く使ってきたがゲンガーがステロ+攻撃技で縛れる想定をしている相手に返り討ちにされることが増え、HP管理のシビアさからサイクル加入も難しかったので似た役割対象を持つスカーフウツロイドに注目した  リザードン、コケコ、ゲンガーあたりに強くスカーフ持ちに崩されることもないので展開ではなくサイクルで使うならウツロイドが今は強そう