二極化カビゲンfinal

ミミッキュ 意地HABフェアリーZ

じゃれつく 剣舞 影打ち 呪い


グライオン 慎重HD毒玉

毒 守る 羽休め 地震


ドヒドイデ 図太いHBヘドロ

毒菱 黒い霧 自己再生 熱湯


エアームド 腕白HBゴツメ

ステロ 吹き飛ばし 羽休め ドリル嘴


カビゴン 腕白HB混乱実

ヘビボン 欠伸 吹き飛ばし リサイクル


ゲンガー 臆病CSナイト

鬼火 祟り目 ヘド爆 凍風



ストッパー兼追い打ち枠であったバンギラスの枠にミミッキュを採用することで、受け回しが厳しい時の選出枠の圧縮ができるようになった。対ゲンガーについても影打ち圏内に押し込むルートができたので無理に性能の低い追い打ち枠に拘る必要がなくなった。


それに伴って選出の軸は

・受け回し(サイクル)

・カビゲン(展開)

・ミミゲン(対面) の3つに分化。

ミミゲン選出では1:1交換を繰り返して最後に受け駒で詰ませるなどの動きを取ることができる。


ゲンガーは先発でも機能する構成にしつつ、ムドーカビゲン選出もできるように。身代わりがないので相手の裏から出てくるスカーフ持ちなどには対応できなくなったが、そこを周りの受け駒でカバーする。


検討事項

エアームドの技構成

ミミッキュ加入で対ギャラドスが多少楽になったのでドリル嘴が必須ではなくなったかも  撒菱、挑発、毒など欲しい技はちらほら  攻撃技がないと不便なのはあるが考えてもいい


・カビムドーの枠

ステロカビゲンの選出が必要かどうか  ただそれ抜きにしても受け駒としてラッキーよりもカビゴンの方が評価できる現状ではある



他にはゲンガーが催眠ではなくなったのでテッカグヤなどの処理が面倒になったかもしれない。

ミミッキュを組み込んだ受け回しは想像以上に上手く機能したので、今までボツにしてきた改案とは違って可能性を感じる。


おまけ)

ミミッキュの動かし方

ミミッキュ+受け駒2体で出す時

先発受け駒どちらかで入れるならそっち、不利対面が予想されるならミミッキュから

ミミッキュ先発の場合対面した相手に受け駒の後出しが効くならそっち(皮を残す)、厳しいなら対面で突破を狙う  引かれれば皮が残るのでそれはそれでよし  残数を減らしたり、受け回しできついポケモンのストッパーになったりしてサイクルを楽にさせる


・ミミゲンで出す時

ミミゲン+受け駒になる。

ムドーから入ってステロゲンガー剣舞ミミッキュの形を取るのが一番強いと感じた。これだとどちらかというと対面より展開の動きになるが

ゲンガーから入って様子見から引き、受け駒で荒らして隙ができたところにミミゲンを刺すような動きもできた。



ミミッキュのおかげで従来よりも選出難易度は下がったように見えて、実際は選出画面での試合の見通しがより高いレベルで必要になったため(単純に受け駒を後出しして崩されるかどうかではなく、ミミッキュを絡めてどう止めるかなど  スカバンよりも遥かに広い範囲を役割対象に取るので誰に当てるか、どこで皮を切るかが重要)むしろ選出は難しくなったように感じた。