シングル トノラグガッサ

ニョロトノ 控え目HBCS調整ミズZ

ハイポン 守る 滅び 凍風


ラグラージ 意地ASナイト

滝登り 地震 岩石 冷パン


ゲンガー 臆病HSナイト

シャドボ ヘド爆 トリル 道連れ


ナットレイ 呑気HBフィラ

ステロ ジャイロ ウィップ 叩き


ミミッキュ 意地ASフェアリーZ

影打ち 剣舞 呪い じゃれ


キノガッサ 陽気HS毒玉

胞子 身代わり 岩石 きあパン



ゲンガー入りはバシャーモが重くなるので、そこをケアするために6世代に革命雨で採用されていたトリルゲンガー+ニョロトノの形を検討。ニョロトノは瞬間火力が出るミズZで、サポートなしでもミミッキュに風→Zで勝てるような対面性能と、滅びによる害悪耐性が確保されている。


このニョロトノを採用した構築として、るどるふさんのトノラグがあったのでまずQRを使用。そこでトノラグにS操作技が採用できることや、崩しの不足を感じたのでうまくポイヒガッサを組み込めないか試してみたところ上手くハマった。


・トノラグガッサ

・トノラグナット

・ゲンガートノガッサ

・ゲンガートノナット


この辺りが主要選出で、メガとZが常に組み込めていて扱いやすかった。

ミミッキュが腐り気味なのと、ナットレイの型については検討の余地あり。

ミミッキュニョロトノの滅びに一任できない害悪耐性であり、抜く場合他のケアが必要。

ナットレイは叩きによってゴツメ枠をラグで殴りやすくなる、ナットレイミラーで残飯を処理して回復ソースを消せるなど利点が見えたためなるべく叩きは欲しいと感じた。


並びで通ると感じるのはマンダ、テテフ、バシャ、リザードンあたりで不利対面を取ると厳しい。先にポイヒガッサを展開できていると返り討ちにできる相手も多いため、並びを変えて対応範囲を広げるか、展開に特化するか悩みどころ。


そろそろ軸を固定させたいのでしばらくはトノラグガッサのつもり