2017PCL予選関西Aグループ 感想

今年もこがねで参加


準備段階

・部内戦

全ルール参加

シングル:予選5-2トナメ0-1でベスト4

全国ダブル:予選2-2で落ち

WCS:予選4-1トナメ2-0で優勝


シングルは負け2つは事故として順当、トナメの負けは構築変更による欠陥

ダブルは立ち回りの甘さと構築の完成度の不足

WCSは予選キュウコンコケコ、トナメ太鼓暗示ポリカビ


・オーダー

部内戦結果を参照しつつ各ルールで必勝メンツを想定


シングル

かそくガブ、むくれねこ


ダブル

かいぬし


WCS

むくれねこ、まりも


どの校にも必勝メンツを1〜2人出しつつ捨て試合は作らないようにオーダー


・情報収集

各校ある程度出てくる選手を予想、これに関してはそんなに意味はなかった  心構え程度



当日

・参加校が1校減って3-1が抜けラインと想定  落としていい試合数は変わらないのでここは特にプラスマイナスなし


対戦結果

・シングル

0-1

ゲンガーの催眠→めざ氷の二極化カビゲンを使用  催眠なら3回打てた内容だったので変更が悪く出た形


・WCS

3-0

1勝は順当だったが残り2勝はかなりの運勝ち  ただ運に頼らないように勝てる選出立ち回りが存在したことは間違いないのでそれに届かなかった自分の実力不足


チームとしては3-1で2位抜け


サークルに在籍して3年目になるが、今年は後輩のモチベーション、ブロック運などの要素から取るならここしかないという年だったのでなんとか掴めて一安心

個人としてはまだサークルを確実に支えられるところまでは届いていないのでそれが全国に向けての努力目標


当初は3ルール全てを担当する予定だったが全国ダブルが予選落ちだったこと、構築やモチベを託す相手が2人もいたことで安心して任せることができた

分担ができていなければどれも中途半端になって潰れていたと思うのでこれが一番良かったところだと思う


去年の消去法によるトリプル全投とは比べられないくらい真剣に取り組めたのでこの勢いを切らないように続けたい