二極化カビゲン S4最終日版

構成等は多少変更したものの目に見えて活きた覚えがないので過去記事のものと全く同じだと思ってもらって差し支えない


・スカーフバンギラス

潰し枠としてだけではなく、周りで削ってスカバンを通すというルートも強く頭に置いた上で選出を組んだ

最低限の役割は持てるがゲンガーに強い型ではないので、グライやカビゴン、ゲンガーでも相手のゲンガーは倒せる、削れるということをよく考える


・HDグライオン

今期も相変わらず機能した

身代わりがあればより楽に勝てた試合はあったはずだがなくても勝ててる以上ここから動かせない  HP管理にいつも以上に注意した


・ヘドロドヒドイデ

コオリZを試したが剣舞Zミミッキュへの複数回の後出しを考えるとヘドロがやはり使いやすい  毒菱は回収されない限り裏にまで毒を撒けるという強みを対ラグ、ゴーリで感じるシーズンだった


・ゴツメエアームド

ゴツメのスリップでスカバンの圏内に入れる立ち回りが活きた、他はいつも通り

初手コケコが透けている時にはカビゴンから入ってカビムドーゲンで出すことがあった

コケコに1回ヘビーボンバーが入っているかどうかで必要サイクル数、事故率が変わってくる


・HBカビゴン

若干動かしづらさはあったが、毒や叩きなど苦手な行動をムドーがある程度ケアできたので機能はした  カビゴンを受け駒として出すサイクルもそれなりの頻度で行ったが、欠伸のおかげでエース不在でも詰め筋が見えて強力だった


・ゲンガー

サイクル側に選出の思考を寄せたので少し選出機会は減った  抜いていくプランが難しいのと、きついボーマンダ軸への抵抗を試みたいので身代わり→風がかなり有力



全体としてギャラドスリザードンバシャーモ、テテフあたりに無理矢理な処理を試みることはあり厳しくはあったがそれでも勝率を落とさずに2100チャレまでは持って行けたのでまだ使える構築なのは間違いないし使い続けた分だけ選出立ち回りの思考は広がる構築なので使い続ける気がないなら触らない方がいい  自分が7世代に限らず今まで組んだ構築の中でも一番といっていいくらいには強い