7世代復帰勢が知り合いにそこそこいるから簡単なまとめ  正確さは保証しないしあくまで私見です  敬称略


新要素

Zワザミミッキュ、UB、カプ(フィールド)、混乱実(半回復実)


SM

S1

バンク解禁前でプールが狭い

ミミッキュが積みの障害になったので積みエースはミミッキュで止まらないものが主流(ギャラドスパルシェン)   突破手段が限られていた、テテフとミミッキュを一体で見ることができる枠だったのでテッカグヤ入りが多め  メタとしてジバコ  地面の一貫がカグヤ以外で切りづらかったのでスカガブも多め


並び単位では

ゲンガブカグヤ、ガルガブ、テテフパル、コケコギャラパルなど


S2

バンク解禁

テテフ+炎(リザバシャ)などスカーフテテフを通してイージーを狙う感じが多かったかも  混乱実を持ったランドロス(マゴランド)入りでコケコランドグロスやステロ+欠伸リサイクルカビゴン、カバマンダガルドなどが登場  7世代のテンプレ受けループ(ラキドヒドグライムドーゲンガー追い打ち)の成立


並び単位では

カバリザコケコグロステテフミミッキュ(はくしゃく)、コケコランドグロス(hama)、カバマンダガルド(とろー)、ムドーカビゲン(シータ)、ラキドヒドグライムドーゲンガーベトン(たま)など



S3

コケコが強いので地面枠の開拓が進み羽休めグライが発掘され、受けループ以外でも採用されるようになる


単体では

スカーフコケコ(物理ベース)、羽休めグライなど   このシーズンかはかなり怪しいが呪い痛み分けミミッキュ


並び単位では

カバガルミミゲンアシレスイクン(ふゆの)、ゲンガブカグヤ(あーもんど)、ガルランドゲッコウガ(ゆかい)、ガルクレセグライ(じるぽけ)、グライドヒドカグヤ(ぐりーど)など



S4

グライオン全盛期  対面ガルミミガッサ、ミミッキュに弱くないギミック構築として剣舞バトンバシャギャラなど


並び単位では

ゲンガブカグヤ(あーもんど)、ガルミミガッサ(バンビー)、バシャギャラ(とっつぁん)、カバマンダウツロカグヤ(ぽん)、グライカビムドー(なごし)など



S5

受けサイクル全盛期?積みリレーとしてランドバシャカグヤ、ポリZなども登場


並び単位では

ポリ2グライバレルドランマンダゲンガー(バンビー)、シャンデラミミロップカビグライムドースカーフ(なごし)、ポリクチミミガッサなど



S6

SM最終シーズン

このシーズンはあまり情報とか追えてなかったので特に雑  眼鏡テテフ+HBランド+ゲンガーとか身代わりポリ2とかリフデンキZコケコとか


並び単位では

テテフランドゲンガー(じるぽけ)、カバマンダゲッコウガ(じるぽけ)、コケコランドグロス(のりピー)など



USM

新要素

ミミッキュZ、アーゴヨン、教え技


S7

ミミッキュZがフェアリーZより強いのでカバルドンポリゴン2が耐久ラインに困る  ゴーストZが減った(?)のもあって鋼でミミッキュをタイプ受けしようとする傾向が強くなり鋼2枚構築も増える(ナットドランなど)  アーゴヨンの悪巧みドラゴンZなどからサイクルの難化  アーゴヨンが入った並びとしてはアゴギャラが特に多い  地面は木の実ランドロスカバルドンが大多数  激流身代わりミズZゲッコウガの登場で数値受け<タイプ受け(水草)


並び単位では

カバマンダコケコガルドゲコ(ミロカロス)ツルギなど



S8〜

カバマンダコケコガルドゲコツルギの強烈なインパクトでスカーフカミツルギ、激流ゲッコウガが現時点でも流行っているように感じる  上位のボーマンダが身代わり舞羽恩返しばかりだったため鋼(グロスクチート)あたりでマンダに強い選出とする傾向  



ぽけっとふぁんくしょんの上位まとめと自分の記憶と感想だけで書いたのでおかしいところあったらごめんなさい。

2/17オフ使用構築

バンギラス 図太いHDS さら岩 6/11(4-2)

ステロ 岩石 放射 冷ビ


ドリュウズ 意地ABS ハガネZ 3/11(2-1)

アイへ 剣舞 雪崩 地震


ボーマンダ 腕白HBS ナイト 10/11(6-4)

身代わり 龍舞 羽休め 捨て身


化身ボルトロス 穏やかHBD オボン 3/11(1-2)

毒 電磁波 ボルチェン めざ氷


カプ・レヒレ 控え目CS ミズZ 2/11(2-0)

ハイポン 瞑想 ムンフォ 凍風


カミツルギ 意地AS スカーフ 9/11(6-3)

スマホ リフブレ サイコカッター 叩き


予選 4-3 2位抜け

トナメ 3-1 3位


選出が明らかにマンダツルギ@1に偏っている  

負けた試合は

・陽気舞マンダにドリュウズが抜かれて負け

・マンダがツルギのノーマルZ急所で飛んで負け

・ブルルヤドランヒードランを崩せず負け

・スカーフフェローチェ+テテフがどうしようもなく負け

の4つ


バンドリ選出は出せると思って出して勝てているので少ないがまあ

ボルトは仮想敵を引かなかったのもありあまり活躍しなかったが3決で機能した

レヒレは刺さった試合もあったがより適任がいるはずなのでそれを探したい

確定枠メモ

バンギラス 穏やかHcds(S92) さら岩

岩石 挑発 放射 冷ビ


ドリュウズ 意地Abs ハガネZ

アイへ 剣舞 雪崩 地震


ボーマンダ 腕白HB ナイト

身代わり 龍舞 羽休め 恩返し


カミツルギ 意地AS スカーフ

スマホ リフブレ 叩き サイコカッター



ここまでほぼ確定


砂選出はバンドリマンダかバンドリツルギでそこそこなのでマンダツルギとの選出を考えたいところ

どちらも鋼で止まりやすいのと、カミツルギは炎の後投げを誘うのでその辺を返せるように(バンギのステロも欲しくなる?)

ポリクチ系統にも勝てるようにしたい


使用済み

・レヒレ

臆病カプZで  無難に初手性能が高く裏との連携も取れていた  ただ相方が見つからない


ヒートロトム

図太い混乱実で  数値が残念すぎる  解雇


使用予定

ウルガモス

混乱実で  並びはいいがあまり後投げしたい数値ではない  使ってみてから


ミミッキュ

多分呪い痛み分けが無難


バンギラス 穏やかHCDさら岩

ステロ 挑発 岩石 冷ビ


ドリュウズ 意地AbsハガネZ

アイへ 剣舞 雪崩 地震


ボーマンダ 腕白HBナイト

身代わり 舞 羽休め 恩返し


ボルトロス化身 臆病CSデンキZ

10万 挑発 ボルチェン めざ氷


カプ・レヒレ 臆病HSカプZ

潮水 挑発 怒り ムンフォ


カミツルギ 意地ASスカーフ

スマホ リフブレ 叩き 聖剣



バンギラス

当初はB振りで一致弱点(マンムーミミッキュなど)に動きたいと思っていたが、カミツルギボーマンダアーゴヨンと対面した時に引き先にできるのが偉いのでD振りが今はいいと思う  放射が欲しいのはいつもだが挑発が相手の展開や回復を阻害するためにも切れない  正直一番なくても困らないのはステロなのではないかと思うレベル


ドリュウズ

Dに回した個体を使ってみたがいまいち活きなかったので先制技やミミッキュやイカサマなどで分かりやすく効果が実感できるB振り 低速高耐久相手にカミツルギを通すためにピンで出すことも多かった


ボーマンダ

威嚇抜きでもテッカグヤを起点にしていけるのが強すぎた  少し選出率が落ちたがマンダが出し辛い相手には他が通るようになっているので問題なさげ


ボルトロス化身

初手に置きやすくボルトチェンジからのゲームメイクは強いが、レヒレ加入で初手にボルトを置きたい場面が少し減ったのとボルチェンでミミッキュの皮を剥がした後に出すポケモンカミツルギしか居ないのがネック  ナット採用型なら光りそうだがツルギとは少し合わない感じがある  3Zも少し窮屈なので変更も視野に入れたい  リザ入りには強い


カプ・レヒレ

削りによるカミツルギとの相性がよく、面倒な受け回しにも強い  元々この枠に求めていたクッションとしての性能はいまいちだがイージーウィン性能は非常に高いので引き続き採用したい  木の実持ちも検討だが、ラッキー入りを簡単に崩せるカプZが捨て難い


カミツルギ

バンドリを見て誘うポケモンに強く、ストッパーが1体しかいないことも多いのでそいつを処理すれば容易に全抜きできる  アーゴヨンと対面した時に打てるサイコカッターが少し欲しいが、抜く技がないのと(強いて言うなら聖剣)下手に突っ張るよりバンギに引いてスマホで処理を狙う方が安定するのでそこまで優先したいわけでもない



選出

・バンドリマンダ

基本  マンダがランドやカグヤまで起点にできる可能性を持っているので比較的出しやすい


・ツルギバンドリ

先発にマンムーなどが予想される場合や後発にギャラドスが見える場合など  ツルギの通りがいいので出しやすい  地面は一貫するが、削りすらできずに一方的に倒される駒がいないのであまり気にならなかった


・ボルトバンドリ

初手ボルトからスタートしたいリザ入りなどに対して  


・レヒレドリツルギ

低速サイクルに対して  レヒレで荒らして裏の一貫を狙う


・レヒレドリボルト

同じく低速サイクルに、問題の3Z選出  誰のZを通せば勝てるかは分かりやすいのでそこまで困らないがなんとなく勿体無い感じがある


・バンギマンダツルギ

バンギをクッションにしながらマンダツルギを通す



面倒な相手

ハッサム

ギルガルド

メタグロス

リザードン

ゲッコウガ


ボルトロスヒートロトムなどを少し検討

レヒレも2Zで手ぶらになることが多いなら木の実でいい

やたら2Zが起こるのは多分ピンドリが多いからで、その辺は選出パターンとも相談

ドリマンダツルギ

バンギラス 配分不明 さらさら岩

ステロ 岩石 あと自由

(冷ビ、放射、吠える、挑発などなど  イカサマはあんまりかも)


ドリュウズ 意地Ads ハガネZ

アイへ 剣舞 雪崩 地震


ボーマンダ 腕白HBベース ナイト

身代わり 舞 羽 恩返し


カミツルギ 意地AS スカーフ

スマホ リフブレ 叩き 聖剣


あと自由


所感

バンギラス

H振り切ってBDどっちに寄せるか、Cも欲しいかも  単体で出した時にカバと比べてステロを撒くのが難しいので削りなど他の評価点を活かしたい


ドリュウズ

ランド環境なのもあってハガネZは間違いなさげ  A振り切りは確定でBDどっちに振るか Bはミミッキュとか先制技系、Dはアーゴヨンとかに交代で出す時に関わるかも


ボーマンダ

ランドを起点にできる腕白HBベースで使用感はかなりいい  基本的に2エース(ドリマンダ、マンダツルギ)のどちらかで出すはずなのでマンダで全抜きが難しいのであれば相手をどれだけ削れば裏の圏内に入るのか、何舞で止めればいいのかをよく考える必要があると思った


カミツルギ

適当に入れたらハマった  マンダツルギの相性は前期のカバマンダツルギで証明されているが、それに加えてドリツルギで役割集中のような動きができるのがとてもいい  初手に呼ぶマンムーや、裏から出てきて困るギャラドスなどに強く動けるのが高評価



あと2体はクッション性能の高いポケモンや受け回しを崩せるポケモンが欲しいと感じた  まだそれほど回していないので要検討

興味を惹かれた並びメモ

ドヒドイデ

熱湯 ヘド爆 霧 再生


レヒレと殴り合える、呪いミミッキュに2枚使わずに済むなどなかなか魅力的

今まで思考停止気味で毒菱を採用していたが、一番の目的はステロ吹き飛ばしエアームドと組み合わせてオニゴーリや呪いミミッキュを誤魔化すこと(他にもボルチェンサイクルに負荷をかけたりできるが)なのでエアームドを鉄壁で使いたい今なら他でゴーリの誤魔化し枠を用意することで毒菱に拘る必要はなくなるかも


・サザングロスグライドヒド

以前から興味を惹かれていたが前項のドヒドイデと合わせて考えてみたい  受け回しのメガ枠はゲンガーとボーマンダを思考停止気味に採用していたところもあるので開拓として


グライオンキノガッサの受けループ

最終日付近使用してみたがグライオン入りと比べて明らかにテテフリザゲンガーがしんどかったのでそこに対応できるように組み直し


キノガッサモロバレルカプ・ブルル

ポイヒ枠比較以外に草枠としての比較も

特に前期結果が出たバレル入り  ブルルは使ったことも予定も特にないがおまけくらいに


・最速毒グライオン

HD以外久しく使っていないので


・電磁波ラッキー+祟り目ゲンガー

電磁波ラッキーが特に使いやすかった  壁採用ならゲンガーに回す意味も特にないので(壁投げとかで対面処理できそう)毒電磁とか ステロがないサイクルはミラーと蜻蛉ルが面倒なのはあるにはある


・穏やかラッキー

今までの感覚で適当に物理に突っ張れないのでまだ扱いが難しい  ゲンガーと組み合わせるなら従来の図太いの方が使いやすいかも?



また興味次第で追記

ざっくり記事を見ても惹かれるものが多くこれから考えるのが楽しみ

ガッサ⇄グライ

ポイヒ枠比較

メモ程度に適当に書くので鵜呑みにしないように


ガッサは受け回しに組み込む都合上HBベース、グライはとりあえず慎重HDベースを想定


キノガッサ

×4 ひこう

×2 どく ほのお エスパー こおり フェアリー

×1/2 じめん いわ みず くさ でんき あく


グライオン

×4 こおり

×2 みず

×1/2 かくとう どく むし

×0 でんき じめん



物理方面

キノガッサ 163-145(補正ありほぼHB)

グライオン 177-145(無補正H振りのみ)


グライオンの方がHPが高いが、耐性は今の物理を想定するならキノガッサ優勢

数を増やしているギャラドスに強く、耐性で怯みを誘わないのが特に評価点

グライオンは氷4倍がメタグロスやガルーラのサブウェポンの冷凍パンチなどを考えると少し響く


特殊方面

キノガッサ 163-80(無補正H振りのみ)

グライオン 177-127(補正ありほぼHD)


数値で大差  

グライオンは氷4倍水2倍が少し傷になるが耐久ポケモンの不一致冷凍ビームや特殊電気のサブのめざめるパワー氷くらいなら耐えられる  

ここで取り上げたいのは対ヒードラン、ゲンガーへの性能でこれはグライオンだと微有利〜有利になるのに対しキノガッサだと不利になるためポイヒ枠の互換を考えた時に真っ先に影響してくるはず  

キノガッサは耐性からミトムに強いのが偉い


攻撃方面

キノガッサ A151(無補正4振り) 気合パンチ

グライオン A121(無補正44振り) 地震


技威力も数値もキノガッサ優勢  

ただ気合パンチが条件付きなのと、ゲンガーに通らないのが問題  

後述のハメ性能があれば遂行速度は問題になりにくいのでここは正直どうでもいい(身代わりを貼られた時にそれが割れるかくらい  浮いてる身代わり持ちに対してキノガッサは半減でもなんとかなる可能性があるがグライオンは牙採用でもなければノーチャン)  

気合パンチ無効のゴーストに対してキノガッサは胞子、地震無効の飛行に対してグライオンは毒が打てるがテッカグヤエアームドには通らないのでゲンガー不在の受け回しミラーだとキノガッサが役立つことも多い


ハメ性能

キノガッサ 胞子みがまも

グライオン 毒(みが)まも(羽休め)


低速に対しては一方的に勝てるのでキノガッサ優勢と見る  

グライオンは身代わりと羽休めどちらを採用しているかで差が出てくる

回復ソースについてはグライオンには羽休めがあるがキノガッサは胞子連打で代用できるため対草タイプと身代わり貫通以外では特に差は出ないはず



ざっくり比較してみたがそれぞれメジャーどころでは

キノガッサギャラドスクチート、ガルーラに強め

グライオン→ゲンガー、ヒードラン、カプ・コケコに強め

あたりが浮かぶ  この辺りに注意して取り巻きを選びたい


私見では今なら取り巻きを纏められるならキノガッサの方が偉い  タイプではブルルにも近いので参考になるかも

グライオンの型慎重HDで固定したからキノガッサ寄りな記事にはなったけど陽気HS筆頭に選択肢はたくさんある