ゲンガッサ

ゲンガー 臆病CSナイト

鬼火(身代わり) 祟り目 ヘドウェ 凍風


キノガッサ 腕白HB毒玉

胞子 身代わり 守る 気合パンチ


ベトベトンA 慎重HD混乱実

追い打ち リサイクル 毒突き 自由



中盤に多いクチート入りや、コケコ+鋼でガッサを見るような並びを一方的に虐殺できる

キノガッサで倒せない霊に対して打点を持ちシナジーのあるエースとしてゲンガー

鬼火を入れることでキノガッサのみがまもだけで相手を倒せたり、風から繋いだり(その割にはガッサが遅いが)できるのでガッサ→ゲンガーのみでなくゲンガー→ガッサの展開もできる

2枚で厳しい相手のゲンガー、スカーフテテフに対して出せるのがベトベトン  地面を呼ぶのもあってポイヒガッサとの相性はかなりいいと考える


サイクルは集中が切れるとすぐ負けるので箸休め的な意味でのポイヒガッサ


ウツロマンダドヒド

カバルドン 腕白HB混乱実

地震 欠伸 怠ける 氷の牙


ボーマンダ 意地HADSナイト

恩返し 竜の舞 羽休め 地震


ウツロイド 臆病CSスカーフ

ジェム ヘドウェ サイキネ 自由


テッカグヤ 慎重HBD混乱実

ヘビボン 宿り木 放射 地震


ドヒドイデ 図太いHBヘドロ

毒菱 黒い霧 再生 熱湯


@1 使用済みはラッキー、キノガッサ



ドヒドカグヤが誘うレボルト、リザ、アーゴヨンなどの崩しにスカーフウツロイドを刺していくのがコンセプト  後出しからでも対処はできるが、ウツロイドが出し負けた時とドヒドカグヤが出し負けた時どちらがケアしやすいか考えるとウツロイド出し負け時の方がケアしやすい(ミミッキュ、鋼、地面と対面したら引くだけ)ので基本的にウツロイド先発で後発に引き先を用意する形


それぞれの役割

カバルドン

岩の一貫切り、クッション、マンダの起点作り、砂によるウツロイドの強化


ボーマンダ

威嚇によるサイクルの安定化、地面の一貫切り、舞による終盤の抜き


ウツロイド

スカーフによる崩しへの潰し、一貫の取りやすい岩打点、砂と合わせた特殊への後投げ


テッカグヤ

地面の一貫切り、テテフ耐性、クッション、ビブストDアップによる詰め


ドヒドイデ

マンダやウツロが対面すると面倒なミミッキュゲッコウガなどにわりと安定する引き先、ギミックへの誤魔化し、毒菱によるサイクルの有限化



選択枠

・ラッキー

ミトムなどウツロイドで見辛い特殊への駒、ステロ要員


キノガッサ

ポイヒHBで使用

相手の襷ガッサへの後投げ、クチート軸へのイージーウィン、ギロチングライやドリュウズへの耐性



5枠での使いやすさはそれなりにあって、厳しいのがギャラドス、ゲンガー、グライオンドリュウズオニゴーリクチートなどなため他に試すとしたら呪いミミッキュなどが候補に挙がっているところ

ウツロガッサ

ウツロイド 臆病CSスカーフ

毒菱 ジェム ウェーブ サイキネ


キノガッサ なんか適当に毒玉

胞子 身代わり 守る 気合パンチ



ウツロイドが呼ぶ鋼に刺さるポイヒガッサ

ウツロイドを潰しにした受け回しで無理になるドリュウズクチートあたりに誤魔化せるかもしれない  グライオンを採用せずに組めた場合に選択肢として面白いかも


風呂でぼーっとしてたら思いついたけど再生力やポイズンヒールは交代戦でも消耗しづらくPPも温存しやすいので優先的に採用していきたいと思っている

ゲンガーとテテフが多分鬼門になるので裏でそこにきっちり組めるように

対処法

前記事構築

メジャーな崩しキャラについて


・テテフ

挑発ショック両立、眼鏡以外(ほぼスカーフ、襷もたまに)→ラッキー

挑発、眼鏡→ウツロイドテッカグヤ


ラッキーだけで見ようとしない

比較的安定するのはテッカグヤを投げて引かせてから裏をマンダの起点にしてテテフごとぶち抜く動き


リザードン

Y→ラッキー、ウツロイドドヒドイデボーマンダ

X→ウツロイドドヒドイデ(起点回避)、カバルドン


ウツロイドの後投げで見ることが多いが、積まずに逆鱗が飛んできたらその後どうするかなどまできっちり考えてから投げるようにしたい


ギャラドス

ボーマンダドヒドイデウツロイド


威嚇を入れてドヒドイデを投げるのがまあ安全  挑発とドヒド打点の地震とマンダ打点の牙を全て採用するのは難しいはず  1舞で食い止められるならウツロイドの結び圏内に入れる動きも


ルカリオ

ボーマンダドヒドイデ


物理の場合剣舞がなければ、またはあっても地震がなければドヒドイデで止まる  冷凍パンチがなければボーマンダで止まる  特殊は巧みから気合玉を当て続ける場合乱数でドヒドイデ突破  ボーマンダは基本的に無理なはず


メタグロス

カバルドンドヒドイデ


基本的にカバで見たいが怯みもあるため技を確認したら再生力のあるドヒドイデを投げたりもする  メガシンカさせてマンダドヒドの威嚇サイクルでも対処可能


ギルガルド

ドヒドイデ、ラッキー(特殊)、カバルドン(物理)、ボーマンダテッカグヤ


書くだけ書いたが条件付きでしか見られないものが多い  技を打つまでは型判別がしづらい  マンダの地震で縛れるように動かすのが理想


ボルトロス霊獣

ラッキー、ウツロイド


ウツロイド後出しはデンキZでごっそり削られるのでサイクル回数を減らす工夫をしたい(ステロなど)  ラッキーと合わせて見れば基本的に崩されることはないはず


アーゴヨン

ラッキー、ウツロイド


ウツロイドのサイキネで縛る動きを目指す  または舞ったマンダとアーゴヨンの対面を作るなど


オニゴーリ

ウツロイド


かなり厳しい  対面操作と余裕があれば(なくても)毒菱を撒いておきたい

シングル カバマンダサイクル

カバルドン 腕白HBフィラ

地震 欠伸 怠ける 氷の牙


ボーマンダ 意地HADナイト

八つ当たり 竜の舞 羽休め 地震


ウツロイド 臆病CSスカーフ

ジェム ヘドウェ サイキネ 結び


テッカグヤ 慎重HBDバンジ

ヘビボン 宿り木 放射 自由

(生意気で結びギガドレ、慎重で地震毒あたり)


ラッキー 図太いBD輝石

毒 ステロ タマゴ産み 地球投げ


ドヒドイデ 図太いHBヘドロ

毒菱 黒い霧 再生 熱湯



ギャラはマンダ+ドヒド、コケコはカバ+ラッキーなどなにかしら2枚で見るようにすると特定の型で事故ることが減る

メガ枠がマンダになったことでサイクルから抜くプランができて勝ち筋が増えた  先発起用で威嚇により最初のサイクルを安定させられるのも偉い


選出が縛られるなど厳しくなりがちなのはギャラ、ルカリオマンムーオニゴーリキノガッサ、ギロチングライなど


アーゴヨンなど新しい崩しに対してもそれなりに対応できるように組めたので叩き台としてはよさげ

リサイクルベトン

新教え技勢として


追い打ち枠兼ある程度の特殊受け性能を期待したいので慎重HDベース 毒突き追い打ちリサイクル@1を前提として考える


7世代テンプレートと言われるラキグライドヒドムドーゲンガー@1の並びにおいて、特に呼ぶ崩しがゲンガー、テテフ、レボルト、リザ、ギャラ、マンダあたりになると考えられる

追い打ち枠に上記ベトベトンを採用した場合、テテフとゲンガーには厚くなる  レボルトはデンキZ以外なら対面の打ち合いくらいはできるかもしれない  他は役割対象外

ラッキーの存在意義が低〜中火力受けとテテフのある程度の誤魔化し、毒で崩されにくいあたりなのでベトンの加入で圧縮できる枠があるとすればまずラッキーの部分  ラッキーを抜くなら地味に辛くなるのがロトムなどだがベトンはそこをケアできるのかが気になる

ラッキーの枠にレボルトリザマンダあたりに強い駒として入れるならスカーフのウツロイドゲッコウガあたり?

毒4体はバランスとして流石にあれな気もするのでウツロイドならドヒドやゲンガーの枠も考えたい  といってもベトンはエスパーに強い毒で、他に一貫する地面は残り2体(グライムドー)で切れると考えたらまあなくはないかも  ウツロとゲンガーも分担できるとはいえ似たような役割だと思うのでメガ枠のゲンガーがマンダとかになると方向性が変えられそう(ウツロマンダベトンについてはマンダサイクルの使用者で確か考察されていたはず)   ギャラについてはいまいち解決策が見えていないが本筋から逸れそうなので置いておく


ベトンの魅力はカプ系に圧倒的に強いところで、減点ポイントは数値の低さと起点回避の難しさ(クリアスモッグはできるが)  アイヘ持ち以外のギルガルドにもおそらく強い?


机上で適当に書き殴ったが使わないことにはどの程度信用が置けるかとか何が重いかとかいまいちピンとこないので近々試すつもりという意味での書き置き


混乱実持ちは再生力ドヒドイデなどのように繰り出した後のHP管理が楽で、安定感も増すため(カビゴンで学んだ)興味はある

カバラッキー

カバルドン 腕白HBフィラ

地震 欠伸 怠ける 氷の牙


ラッキー 図太いBD輝石

毒 ステロ タマゴ産み 投げ


ウツロイド 臆病CSスカーフ

ジェム ヘドウェ サイキネ 結び


ゲンガー 臆病HSナイト

シャドボ 守る 滅び 道連れ


ドヒドイデ 図太いHBヘドロ

毒菱 黒い霧 再生 熱湯


エアームド 腕白HBゴツメ

ステロ 羽休め 吹き飛ばし ドリくち



ツンデツンデやアーゴヨンなど新UBの環境入りに伴って、岩の一貫を切るためにカバルドン、特殊受けとしてラッキーとウツロイドを採用

ラッキーを崩しに来る多くの相手にウツロが強めで、残りは適当に役割を考えて入れた

鋼飛行枠にテッカグヤではなくエアームドを採用しているのは厳しいギャラマンムーにある程度耐性を持つため


現状だとギルガルドやゲンガー、ドヒドで見れない場合ルカリオが厳しめ